新譜感想-2022年

宮本浩次

情熱が刻まれぬように。

今日は、ずっと記事を書きたくて書けてなかった、宮本浩次の第二弾カバー作品「秋の日に」についてお話ししたいと想います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました