エレコラ

鬼畜エレファントカシマシファンJohnnyによる音楽コラム。

大好きな彼女と、たった一回だけのデート。

 

鬼畜エレファントカシマシファンのJohnnyです。

 

今日はエレカシとは全く関係のない話をさせて下さい。オレの大好きだった人の話を…。多分、今話すべきことなんだ想う。なんとなく、みんなに知っていて欲しいことだったんだ。いや、多分…やっと話せるタイミングが来たんだと想いたい。

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901150711j:plain

オレには、大事な人が居た。彼女は凄く可愛らしくて、華奢で、小柄で、いつも笑っている人だった。その人と、たった一回だけのデートをしたのさ。オレが初めて彼女に会ったのは、とある病院の待合室だった。彼女は…そうだな……仮に彼女を「ハナウタ〜遠い昔からの物語〜」からとって、ハナと呼ぼう。ハナは突然、オレの目の前にやって来た。正に晴天の霹靂だった。何故、強烈な印象を残したかって、見知らぬオレに、彼女の方からいきなり話しかけて来たからだった。

 

「こんにちは、ハナと言いますっ!あのー、このアプリの使い方教えてくださいませんか?私、最近買ったばかりで、使い方がわからないんデス」

 

と、ハナは可愛らしい笑顔で、オレに気さくに話しかけて来た。タブレット端末を使い始めたばかりなのか、彼女はアプリの使い方が解らなかったらしく、若者に見えたオレに話しかけて来たのだろう。(オレは何処に行っても、見知らぬ人にチョー話かけられる。ナゼダ?ww )ここまでだったら、イヤイヤ…Johnnyさん、それ新手の詐欺じゃね?w 変な女に引っかかってるじゃん!ってなったでしょう(笑)でも、何よりオレに強烈な印象を残した理由は、他にもあった。それは、彼女が車椅子だったからだ。

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901120609j:plain

日常的に、車椅子の方と接する機会が少なければ、みんな驚くだろう?まず、初対面であれば、いきなり話しかけられ、警戒するべきなのであろうが、彼女は“屈託のない曇りなき眼”でオレに話しかけて来たので、これっぽっちも嫌な気分ではなかった。オレは、人の目の奥しか視ないようにしている。外枠、ココロの入れ物には興味がなかった。オレは、日頃の心がけが功を奏し?ハナと普通に会話することができた。 

「どれどれ、あーこれですね。こうやって使うんですよ。ちなみにこんなこともできますよ」

「わぁーありがとう!!凄いですねー!」

そう、ハナが褒めてくれたので、聴かれてもないことまで、自慢げに教えたりした。オレは、すぐ調子にのるタイプ(笑)それからハナは、オレが読んでいた哲学の本を見て、「私も、その作家さん好きなんですよ。」と会話が弾んだ。彼女はこれから、リハビリをするという。オレはクッソ暇だったので(いや、本当は色々とサボリたかったので)、彼女のリハビリをコッソリと見学することにした。

 

小児マヒ

 

それが、彼女の病名らしい。オレはなんとなくの知識はあったが、彼女は一見元気そうに見えた(腰から上はオレたちと同じ)。両サイド手すりのある場所で、彼女は歩く訓練をしていた。

「ちょっと、見て帰ってくださいよー」

ハナは人懐っこい人で、嬉しそうに言った。それから、立ったり、座ったり、何度かリハビリの先生と一緒に、繰り返していた。オレからみれば、彼女の足は突っ張り棒並みに細く、両足はしっかり地面についていなかった。かなり、危なっかしい。そんな印象。オレはとっさに「大丈夫ですか?休んだ方がいいんじゃない?」そう、声をかけた。彼女の車椅子は電動のヤツで、スティックを巧みに動かせば、上下左右に自由に動くことができた。(何で歩く練習なんかしてるんだろ、車椅子あるからいいじゃん、歩かなくて…)そんな考えが頭を過った。彼女は「少し横になる」というから、休憩できるベッドのところまで車椅子で移動した。オレはさっきフラフラしてた彼女を見ていたから、すかさず抱きかかえようと手を出した。すると彼女は、

「自分でやるから、手伝わないで!出来ないところは言うから」

と、ちょっと強めにオレに言った。オレはビックリして(やさしさのつもりだったから)、「あ、ゴメンなさい」と謝った。

「ほら、こうやってやれば、ちゃんとベットにも一人で移れるんだよ?ね?で、頭を倒すときだけ手を貸して。ハイ、手ぇ貸して」

そう言って、上手にベットに移動してみせた。オレは、彼女が頭を枕につける時にだけ手を貸した。そして、彼女はそこでしばらく休んでいた。オレは、衝撃だった。「手伝って当たり前精神」が勝手に働いて、手を出してしまったが、彼女はそれを拒んだのだ。オレは、彼女を甘く見ていたんだ。最初から出来ないと決めつけて…。自分で出来る事、出来ない事をちゃんと彼女は熟知していた。だから、出来ない時はちゃんと人に頼れる人でもあった。きっと、ハナは今まで何度も、同じようなことがあっただろうなと想った。オレは自分が情けなくなった。彼女は強いなって想った。「出来るところは自分でしたい」。オレだったら、オレがその身体になったら、そんなことを想えるだろうか。きっと、甘えまくって、頼りまくっているに違いない。そして、出来ないときは意地になって、プライドが許さず、“助けて”と、誰かに頼ることも出来なかっただろう。だからこそ、そんな彼女に凄く惹かれた。

オレは SNS上でハナと繋がった。彼女は10年前に両親が亡くなり、それからずっと団地でひとりで生活しているという。家族は居ないそうだ。オレだったら、耐えられるだろうか?そんな孤独に。家でもし何かあったら…っていうか、どうやって生活してるんだ?全てが謎だった。そして彼女はいつもオレに優しくて、頻繁に連絡をくれた。何かにつけ、オレを心配し、些細なコメントを残してくれたりしていた。心配する方向が違うぞ?っと想った。情けないオレ(笑)

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901160511j:plain

ある日、リハビリ室でハナをたまたま見かけた。ハナは自分が車椅子であることも、相手が年上であれ、年下であれ、関係なく、初対面でも自ら話しかけていた。ハナは、いつも、友達やリハビリの先生と、賑やかに話をしていて人気者だった。そして、キラキラした髪飾りを頭につけていたり、水玉のワンピースを着て、おしゃれをしていた。(なんで、あんなに笑顔でいられるのかな?服とか、どうやって着てんの?え?マジで、どうなってんだろう。)オレはいつも、ハナに対して疑問でいっぱいだった。そんな彼女の笑顔は、太陽みたいだった。オレは「久しぶりです!ハナさん!」っと声をかけてみた。いつもの笑顔のハナだった。

「Johnnyさん!元気そうですねー?また色々悩んでない?(笑)」

なんか、色々見透かされている気がした(笑)すると、彼女が

「今度、Johnnyさんが好きな先生の講演会が、あるんだけど知ってマスか?Johnnyさんそーゆーの行ったりするの?」

「いえ、知らなかったし何も考えてなかったです(笑)あーあれだったら一緒に行きますか?オレ、その日休みだし(何言ってるんだオレ!!)」

「本当に!?いいの?Johnnyさん一緒に行ってくれるなら心強いわ!ありがとう!じゃあ、また連絡しますねー!」

「ハイ!楽しみにしてます!(ヤバイ)」

どうしよー!?何でこんなこと言ってしまったんだ!!何かもう勢いで…なんとなく、いや興味が、いや違う、先生!っ先生の、講演会に行きたかっただけで!!そうそう、そうだよ、そんな…デートしたいだなんて想うわけ無い…っていうか、どうやって行くんだ!?オレ、車も持ってないし(持っててもあんな重たい電動の車椅子どうやって乗せるんだ?)チャリンコ2人乗りは無理だな…却下、却下。いや待てよ?まず、ハナは家からどうやって出るんだ?バス?電車?あれれ、どうやって乗るの?講演会のチケットは普通にとっていいのか?車椅子席とかあるのかな?で、ご飯はどこで食べるんだ?あれ?どうしてたっけ、今まで。オレは、急に不安になった。今まで考えもしなかった事だった。当たり前が、当たり前じゃなくなって、これが「ハナの住んでる世界」なのか。とちょっとビビった。

“郷に入っては郷に従え”って事で、早速オレはハナに連絡して、「あのー、全てどうしたらいいですか?」と全部聴いた(情けねーw)。すると、ハナは「何も心配しないで。いつも行ってるし。家から駅までは福祉タクシーの人に来てもらうし、駅で落ち合って、そこからは一緒にいくから、大丈夫ですよー」とあっけらかんと言われた。 逆に安心させてもらってるなんて…。無知とは恥だ。もっと、頭良くなりたい(笑)

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901160307j:plain

講演会当日。待ち合わせの駅に、彼女は居た。彼女は「日付を勘違いして、先週、ひとりで駅に来てしまったんですよー。あはははははは!」と大笑いしながら話した。笑い事では無いぞ(笑)福祉タクシーをわざわざ呼んで、駅まで来て、来るはずのないオレを一時間以上待って居たというのだから。うおおおおおお、神様なんてこった。でも、オレは悪く無い(笑)彼女は、何でも笑い飛ばした。今まで、どれだけの苦労があっただろう。そんな事、察知させないくらいに、良く笑った。

まず、駅の改札口まで行く。それだけで、ソッコーつまづいた(彼女は車椅子だからつまづかないw)。たった5段の階段を彼女は登れないのだ。彼女は、いつものとおりなのか、駅員さんを呼んで「エレベーターを動かして」とお願いしていた。エレベーターは車椅子専用で、鍵がかかっており、それを動かすのにも駅員を呼ばなければならなかった。たった、5段の階段を登ることに20分かかった。オレは、日本国民全員、一回、足を骨折したほうがいいんじゃ無いかなぁと想った。この、不自由さは当事者にしか解らない。バリアフリーがもっと広がればいいのに。

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901155711j:plain

やっと、駅の改札口についた。そこでハナは、また駅員さんにお願いをしていた。「電車に乗るからスロープをお願いします。3番線の4両目ね?3番の4両目よ?お願いしますね」ハナは、何度もホームの番号と、乗る場所を念を押して、駅員さんに言っていた。「一回、駅員さんが、ホームの場所を間違えて、乗れなかったことがあったから。それから30分電車を待ったから念押し(笑)」と笑った。スロープが無いと、電車とホームのスペースに、車椅子が挟まるから乗れないのだ。たった、数センチの隙間。普段、オレ達がやすやすと飛び越えている隙間が時間を蝕む。ハナは、ショーガイ者の人が生活しやすいように、JR さんやホテルの研修の協力をボランティアでやっているという。同じような境遇の人が、少しでも生活しやすくなればとゆー想いで。もう、オレは頭が下がった。

お目当の駅に到着。スロープを持って、待っていてくれた駅員さん。「ありがとうございます」とお礼を言って、エレベーターを使い、今度は地下鉄で移動。普段オレがかかる移動時間の倍はかかる。あああ、なんて世界だ。オレは、今まで住んでいた世界が全く違う景色に見えた。やっとこさ、地上に足を付け(彼女は車椅子をw)外の空気を吸った。おおおおおおお、大変だが、何だかこれは凄く良い勉強になっているのでは無いか!?気づけば全てのことに自然と感謝してるオレ。ハナのおかげだ。すると、ハナはすれ違う人たちの中に、車椅子の女性を見つけた。彼女はボソッと言った。

「もっと、綺麗な格好をしてほしいな。ただでさえ、車椅子ってだけで偏見の目でみられるのに…。だから私はいつもおめかししているんだよ?」

そーゆー理由だったのか。彼女はその服がとても似合っていた。お気に入りの服だよと言って笑った。可愛い(笑)彼女は着るものにも凄くこだわっていた。それが、私を大事に想ってくれる、他の人のためでもあるんだと話してくれた。オレも少し着るものに気を使おうと想った瞬間。

講演会の会場に着いた。またもや、段差だ。一般の人たちは、段差のある入り口前で列を作っていた。スロープもないし登れない。ハナは、何も言わずに裏口まで車椅子で行って、急にドアをどんどん叩きだした。え、え、え?大丈夫なの?すると、警備のオッサンが出て来て、「ああ、お待ちしていました。こちらへどうぞ」と、裏口でチケットを渡し、搬入用のエレベーターで公演会場まで上げてくれた。ハナが事前に、連絡を会場にしており、裏から入るように言われたらしい。入り口に入るのも、裏口から入るという一苦労(笑)

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901164203j:plain

 会場内、ハナはオレに「前の方で見て来て良いよ、私はここだから」と会場の一番後ろのスペースに車椅子をつけた。席は決まってなくて、来た人から順に、好きな席に座って良いよーってシステムだった。オレはせっかくだから前で見せてあげたいなって想ってたんだけど、そうか、車椅子の人は一番後ろからしか見れないのか。普段、コンサートを前の方で見れることって凄く有難いことなんだなーっと想った。「ここで一緒に見ますよ」そう言ってオレは一番後ろの席に座った。講演会が始まり、オレは何だか、うわの空だった。何も頭に入って来ない。たったこの何時間かの経験を、頭の中で何度も、何度も、繰り返し、想い出して、ハナが今まで経験して来た不自由さを呪った。日本って進んでると想ってたけど、まだまだだなぁっと。改めて考えさせられたが、結局のところオレには何も出来なかった。だから、彼女が笑ってるとホッとした。

気がつけば1時間経っていた。講演会が終わっていた。あれ?もう終わり?何一つ得るものがなかった講演だった(笑)講演した先生が急に「さぁ最後です。前に出て来たい人一緒に歌いませんか?最近、私は楽器にハマっていて、今日持って来たんです。誰か歌える人?」と、謎のコーナーが始まっていたので、オレはすかさず「ハイ!」っと勢いで手を挙げた。「じゃー、一番後ろのメガネの子」。気がついたらオレはステージの上に立っていた。(何やってんだオレ!?いや、でも、ハナ笑ってくれるかもw )たった、それだけの想いで、オレはステージに上がった。一番後ろで車椅子のハナがニコニコしながら拍手をしていた。ハナが見てる。オレは、周りのお客さんなんて全く目に入らなかった。先生が「じゃーこんな感じで歌って」とメロディーを口ずさんだのでテキトーに合わせて歌った。会場は手拍子が上がり、ちょっと笑いが起こったりw、お客さんも一緒に歌っていた。オレは自分が何やってるか全く解らなかったが、ハナの笑顔だけが見えた。ハナは笑ってた。「君、ケッコー唄上手いね?ありがとう」先生はそう言った。会場からも拍手が起こる。オレは恥ずかしくなって、急いで走って席に戻った。「凄いですね!やるじゃんっ!!」ハナの拍手。ハナが褒めてくれた。嬉しいな。 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901173150j:plain

(講演後、その時の車椅子席からの写真)

講演が終了した後、ステージから降りて来た先生は、走ってオレ達のところまで来てくれた。ハナと握手をして、写真を撮った。ハナは「私のでも、撮って撮って!」と、タブレットで興奮気味に先生と写真を撮った。先生が帰った後、「じゃーついでに」と、オレと2ショットを撮ってくれた。今でもその写真はオレの宝物(笑)

夕食。オレはイタリアンでも食べさせてあげたいと、カッコつけて予約をしていた。っというか、まず車椅子が入れる店なのかを確認しなければならず、片っぱしから電話しまくり、段差はないか、広い店内かなど、色々聴いてケッコー大変だった。「車椅子で入店可」なんて情報、今まで見たこともなかった。入店可でも断られる場合があると聴いて電話をしたりして、予約をしなければならない状況だった。でも、講演会がオレの素晴らしい歌唱のせいww で、盛り上がり、押してしまった為、予約1時間前になって初めて気づいた。「ま、ま、間に合わない」。よりによって、店までの移動距離がかなりあり、車椅子での所要時間を考えたら、間に合わないと想った。こーゆー時、時間配分考えれる人って凄いなっと感心する(笑)オレは苦渋の選択で、予約していた店を断り、ハナには「ごめん、店とか全く決めてない(笑)」とおどけるしかなかった。ハナは講演会が大変満足だったらしく、「どこでもいーよー」と言ってくれたので、近くのデパートのフードコートで夕食にした。(イタリアン食べさせたかったなぁ)

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901182054j:plain

(海鮮丼とハナw )

色々、話した。オレが普段疑問に想っていたことを、色々と。一番気になっていたことを聴いてみた。「なんでそんなにいつも楽しそうなの?そんなに笑顔でいられるの?」と。

「人との違いが、1番の強みだって気づいたんだよ。だから、私はこんな私が好きなの。あと、人生、楽しいほうがいいでしょ?」

オレはそう言って笑ったハナの言葉を今でも、忘れない。だから、オレは自分のことを蔑んだりしない。自分のことを責めたりしない。いつも笑ってた彼女に対して失礼だろ??どうせならオレは笑いたい。だから、オレは好きなことをして、楽しく生きていこうと決めた。せっかく五体満足の身体。こんな機会がなけりゃ、忘れてた。そんな、当たり前のことが、とっても有難くて、幸せだったってことにハナのおかげで気づけたんだ。有難う。

それからオレ達は、いつもの倍の時間をかけて、帰路についた。長い道中は少しもたいくつしなかった。ヒヤヒヤしたり、焦ったり、テンパったり、オレがしていたからだ(笑)ハナは、そんなオレを笑ってくれた。結局、何も出来なかったぜ(笑)

それから月日は流れた。たまに連絡を取り合ったりしていたが、会うとなると福祉タクシーの予約や、場所も選ぶ。オレは休みが安定してなかったので、なかなか都合がつかなかった。ハナは「また会いたいねー」とよく連絡をくれた。オレは凄く忙しくて、自分のことでいっぱい、いっぱい…なかなか会えなかった。

夏。「今近くのカフェに来てるよー」っとハナから、突然連絡が入った。仕事中だったオレは、1時間後に仕事を抜け出して、カフェまで猛ダッシュで走った。カフェに付くと、マダムたちがワイワイお茶をしていた。オレは、ハナの車椅子を探した。どこにも姿がない。電話をしても出なかった。結局、オレが来る直前に福祉タクシーが迎えに来たから帰ったよ、という。ハナに、会えなかった。

 

その一週間後、何気無しにSNSをひらいた。講演会の写真が、「想い出の写真」としてタイムラインに上がって来た。「おっ懐かしいな」と想い、それをシェアした。「また行きましょーねー」っなんてとコメントを添えたが、ハナの返事はなかった。

2日後、タイムラインに「大好きだった仕事仲間が亡くなりました。みんなでお別れ会をします」と上がって来た。誰のことだろう?と開いてみたら、ハナのページだった。オレは、何が起こってるのか全く分からなかった。理解できない。どうゆうことだ?ハナが、ハナが死んだだと?意味がわからない。昔、ハナが働いていた職場の人が、彼女の訃報を聴き、SNSで投稿してくれていたのだ。ハナが「カフェにいるよー」と連絡をくれた一週間後。ハナは、自宅で息を引き取ったという。ベッドの上で苦しまずに、亡くなっていたらしいと彼女の友人から後々聴いた。まだ、若かったのに。あの映画を観に行く約束は?? オレは、何も分からなかった。何も…。

 

あれから、3年。オレは最近Twitterで目にする呟きに想うところがあって呟いた事がある。

 

オレはずっと後悔していた。もう少し早く、もう少し早く、仕事を切り上げて、ハナに会いに行っていたら、あの笑顔がまた見れたんじゃないかって。オレはちゃんとお礼を言えなかった。1回だけのデートだったけど、ハナが感じて来た、沢山の苦しみを、少しだけ共有できたこと。沢山勉強させてもらったのに。笑顔をくれたのに。ありがとうって、言えなかった。それを、後悔していた。だから、今必死でこんな文章を書いているんだと想う。ハナ!!ありがとう。本当に、大好きでした!貴女からもらった笑顔を、オレは大事な人に分けてあげたいって想ってる。オレも、大事な人を笑わせたいんだ。貴女がオレを笑わせてくれたように…。

 

 

今日、久しぶりにハナとの最後のやりとり見てみたよ!!

f:id:RAINBOW_Johnny:20180901184741j:plain

あいかわらず、ドジしてますか?(笑)「精一杯生きていく」ってのが口癖でしたね!精一杯生きたから、今そっちで自由に歩いてるんでしょ?もう少しだけ、待っててくださいね。オレにはやることがあるんで、それ終わったらまた会えますかね?(笑)そっちから、オレのこと笑って見ててくれたら幸いです!オレも相変わらずバカやってます(笑)貴女がオレに対して一番心配していたことがありましたね。オレにも“人を愛すること”が少しだけ解るようになりましたから、安心してください(笑)

 

 

 

 

 

R.I.P.

 

 

 

 

 

 

Johnny

 

 

 

 

 

 

P.S.

エレカシ1mmも関係ない話でスミマセン(笑)明日、夏フェスラスト!おじさん達も精一杯、楽しんでくださいっ!!