エレコラ

鬼畜エレファントカシマシファンJohnnyによる音楽コラム。

恋をしたら聴きたいエレカシ10選

こんにちは!相変わらず口の悪い、鬼畜エレファントカシマシファンのJohnnyです😁いつになったら大人らしい大人になれるのやら。 

 

今日は、超絶無理難題なプレイリスト制作に挑みました!題して、恋をしたら聴きたいエレカシ10選。世の中に蔓延っているラブソングとやらを、殆ど聴いて来なかったJohnnyさん。異性の気持ちなんか、これっぽっちも理解しえねぇ超絶鈍感人間(そこだけ鈍感)なので、正直、今回のプレイリストは自信ないです。しかーし!女性ファンが多くなってきた昨今。やはり、平民には生きて行く上で必要不可欠!"所詮、この世は男と女ああああああ"ってな訳で、気合い入れて作ってみました(笑)ただし、エレファントカシマシの楽曲自体に、悲しいかな「超絶ウキウキハッピーラブソング」が、ほぼ存在しないので、何とも残念ではあります(笑)そのうち、聴きたいっすねw (ちなみに失恋したら聴きたいエレカシ10選はスグに出来たw )


※前回のプレイリストはコチラ↓
【JohnnyのSpotifyページ】

 

 

【恋をしたら聴きたいエレカシ10選】

①ハナウタ〜遠い昔からの物語〜 


エレファントカシマシ「ハナウタ〜遠い昔からの物語〜」

19th Album「昇れる太陽」(2009年4月29日)収録。このMVは美しくてオレは好き。耽美主義なんでしょうね(笑)サントリー焼酎「はなうた」のCMのために作られたタイアップソング。いやあ…エレファントカシマシにしてはかなり、ハッピーラブソングではないかと想っているんだけども、如何でしょう?エビバデ。歌詞が、凄くイイのです!大好きな曲です。ただ、このMVに問題点があるとするならば、唄ってる本人が「全然幸せそうじゃない」っていう所だと想います(笑)あと、石くんと、トミさんがイケメンすぎる(笑)

 

②はじまりは今

17thシングル(1998年5月13日)。この曲が収録されてる10th Album「愛と夢」は、次作の「good morning」という作品への序章というか。「ココロのままに」とか「Tonight」とか正しくそうで、MTRで制作されたものも多い(えええっと、これ等はトミさんドラム叩いてないっスよね?)。今聴いても、統括しづらいアルバムだなぁ。幸せなのか、切ないのか、良く解らんというw(アルバムの話です)。でも、この「はじまりは今」っていう曲。特にVo.の唄声から初々しさを感じるというか、明るい。そして、歌詞が最高にロマンチストで良きです。恋のはじまりに聴いたらイイのではないかと。

 

③Easy Go


エレファントカシマシ「Easy Go」Short ver.

2018年、最新配信曲。この曲は、ラブソングとして解釈すると非常に素敵です。30周年の多幸感も含まれ「ファンへのラブレター」という風にオレは勝手に解釈してましたが(笑)切り取る角度を変えると、ある意味「超絶ウキウキハッピーラブソング」とも取れるのではないかと(怒られそうw)。珍しいのは「悲観していない」という所ではないかと想います。そして何が凄いかって、これを51歳で作ったということ。最&高。

 

④笑顔の未来へ


エレファントカシマシ「笑顔の未来へ」

35thシングル(2008年1月1日)。もうMV含め、大好きな曲であります。冒頭の🎶愛しい人〜の歌唱部分が、本当に「愛しい人」に唄っているんだなっていうことが、如実に現れすぎていて好きです😁相変わらず、解りやすい人だw

あなたが望むなら 俺はいつでも大見得きって 

かっこ良くいたいと思っているよ

という歌詞。これは男性にも、女性にも共感を得る部分だと想います。実際、有言実行で格好良すぎるのが悔しいところです(笑)Aメロの蔦谷さんのキーボードが、YUKIさんの、「JOY」そのものというか。POPアレンジはやはり蔦谷さんがピカイチやなーっと今でも想っております。

 

 ⑤BaBy自転車 

 8th Album「ココロに花を」(1996年8月21日)に収録。前奏から"自転車で坂道猛スピードで下ってる"映像が浮かぶ(笑)ちなみにこのギター弾いているのはどなたでしょう?土方さんでしょか?素晴らしい演奏とアレンジです。ミヤジ先生が「彼女とふたりのりで自転車漕いでる曲」って何かのインタビュー記事に書いていた気がしたので選びました。オレも"自転車で今日もオレは行く"って時、よく聴いてます(笑)素敵な曲だ想います。

 

⑥四月の風 

FM802の1996年4月度のヘビーローテーションとなった曲。8th Album「ココロに花を」(1996年8月21日)に収録。30周年、この曲でミヤジ先生は2回泣き、「俺の一曲」として雑誌で選んでいた、想い入れのあるであろう楽曲。ラブソングとして解釈するには、少し無理があるのかもしれませんが、"春"を感じさせる曲なので選ばせていただきました。ってか、石くん腰悪くするよ!!膝曲げちゃダメだ、伸ばさないと(笑)せめて大股くらいで勘弁してやってください、ミヤジ先生(笑)

 

⑦Darling 

21th Album「MASTERPIECE」 (2012年5月31日)収録。何なんでしょうな。何故か悲しく、切なく聴こえてしまう曲です。大好きな曲ですが、ストリングスのせいかな?聴くと胸が痛くなるんですよね。"悲しみ"が乗ってるので。この類の楽曲に関しては、口を出したくないというのが本音です。"ふたり"のことは"ふたり"にしか解らない。

 

⑧月夜の散歩

 ARABAKI'18でyuiさんとこの曲をコラボレーションしたのが、最高に良かったので選ばせていただきました。アコースティックギターと最高に相性の合う唄声。破天荒ロックも出来るのに、こーゆー柔らかい、優しい曲も作れる人、そうそう居ないよ。

 

⑨やさしさ 

1st Album 「THE ELEPHANT KASHIMASHI」(1988年3月21日)収録曲。You Tubeの動画は冒頭「ファイティングマン」です。「やさしさ」は3:20〜です。この曲は、最強超絶スーパーマジ卍でコンサートでの歌唱と演奏が格好良すぎて、男でも惚れます!(笑)楽曲のポテンシャルも半端ない、ラブソングです。こーゆーのまた作ってくんないかな……このMVの、5:54〜ミヤジ先生と、石くんの会話オモロすぎるやろ🤣クソワロタww どうゆう意図で、そこだけ聞かせたんか、相変わらずカオスすぎるw (この動画はリンク切れになったため現在は見れません)

 

⑩それを愛と呼ぶとしよう

36thシングル「桜の花、舞い上がる道を」のC/ W(2008年3月5日)。エレカシ史上、唯一ドストレートなラブソングだと想います!めっちゃ好きな曲です。特に好きなのが、ブリッジ部分の歌唱の倍音。素晴らしいです!

 

 

【恋をしたら聴きたいエレカシ10選】 

 

■番外編 

本選落ちした一曲です(笑)うーん、めちゃくちゃ迷いました。この曲入れたかったんですけど、「四月の風」と迷い……やっぱり他のどの曲も外せ無かったですww(1998年12月9日 10th Album「愛と夢」収録)。この曲は、歌詞がミヤジ先生らしい、非常に細かい他者とは違うニュアンスの違いがあるんですよね。「僕が ここにいる」じゃなくて、「僕 は ここにいる」という所。途中、「」が出て来る。でも、「君がここにいる」の「ここ」って何処やねん、って言いたくなる歌詞なんですよね。だって、

雨上がり風が吹いてきたこの部屋の中に

煙草に火をつけて 俺はおもてを見ていた

の部分は、明らかに"ひとり"のイメージなんすよね。どちらかというと、君を"回想"しているというか、側にいる感じが見受けられないという。思慮深い繊細なミヤジ先生の表現ですね。"敢えて"の人なんで、何かしらの理由があると想います。あと、途中のピアノの刻みがとても好きです。多分、女性は好きな曲なんじゃないでしょうか?

 

 ハイ、上手くまとめられた自信ないなあ。この手の記事は一番話しにくいです(笑)苦手なんです。はああ、恥ずかしい。何だコレは?いつもの調子、全然出ねぇ(笑)でも、何故か今一番聴いているプレイリストです。最近気づいたのですが、iTunesよりSpotifyの方が、音質がいい!!あと、曲をSTOPする時に、Spotifyはフェードアウトで音が止まるんです。ちょいちょい"他とは違う主張"をしてきます(笑)ただ、プレイリストの流れで、さまざなアルバムの曲を聴くと、全アルバムが同じ音質でなく、出力も違うので、少し音量差を感じやすいのと(Wake Upは最新作だけあって出力がデカイw )、曲間の空白をコントロール出来ないので、も少し余韻欲しいなあ、とか想うことも…その辺も付け足し機能で、コントロール出来たらサイコーです(細かい)。結果、全曲リマスタリングしてサブスク配信して欲しいってのが本音(笑)

 

 珍しく短い記事でした。プレイリスト楽しんで頂けたでしょうか?

 

 

Johnny😁

 

 

P.S. 今週末は夏フェス、RIJF。そしてジャイガ。モンバスは後日NHKで放送あるのか。エレファントカシマシ部分もあるかな?PAO見た。ミヤジ先生のコメ良かった。石くん、成ちゃん、トミさん……ページもったいないから、もうちょっとお話しして欲しいよ(笑)短すぎる!Twitterかよ(笑)Twitterでも140文字はあるぞ!ww