エレコラ

鬼畜エレファントカシマシファンJohnnyによる音楽コラム。



エレカシ、ついにUSAに上陸!

どーも、鬼畜エレファントカシマシファンのJohnnyです😁

遂にエレファントカシマシさん、USAに上陸されました。ついに、ついに、Johnnyが夢見ていたエレカシ世界ツアー……米国かぁ……と。ハイ、スミマセン。30th ANNIVERSARY TOUR ”THE FIGHTING MAN” in Oita USA(宇佐)に行ってきましたよ(笑)じつは、宇佐市さん自体もかなりUSA推しなんですよ。知ってましたか?エブリバディ。いやー、今年2回目の宇佐で、八幡さまの総本山と言われる宇佐神宮に冬にも行きまして、なんかなー、エレカシが宇佐でコンサートするっていうのは感慨深かったな。

だって、宇佐って本当になにもないのです(ゴメン)

いやぁ、すみません。親類が大分のど田舎出身だもんで、知り合いが大分出身者が多くてですね、ついついディスる(悪口を言う)ことが増えちゃうんですよ(笑)でも、唐揚げは美味しいですから!!(実際、大分には何かの大会で金賞受賞した唐揚げが、めちゃくちゃあって、金賞の重みが薄れてるw )。うーん、あとは、もうちょっと電車に乗れば温泉街あるし…(笑)ハイ、宇佐自体はね、本当に駅降りたらエビバデ、ビックリしたんじゃないでしょうか?もう…何もないのですよ!(2回目)

f:id:RAINBOW_Johnny:20171016224131j:image

(ん?なんか見たことあるようなこの絵のデザイン)

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171016224517j:image

(のどかにも程があるよ)

エレファントカシマシが宇佐に来るって何だよ…もう事件ですよ!!それなのに、地元民は大抵「今日は何か人が多いけど、何があるの?」とカフェの店員さんや、タクシーのおいちゃん。シラネーのかよっ(笑)大体、昨日は東京の人乗せたとか、県外からの人を乗せてるみたいで、もしかして、全員遠征組みなのか!?とやや不安になりつつ…会場に向かいました。 

 

さぁ、いよいよ開演です!

広さ会場の作り的には島原と似ていた。島原はもっと客席に傾斜があったけど、宇佐文化会館、超満員!

今回の大分はかなりMC一生懸命お話して下さった印象で、とっても有り難かったのですが、上記の発言には驚きました。こんなことまで話してくださるのかと…。名古屋の時、心折れそうになったというのは(この事かもしれない)と、少し想いました。

そして、「前半戦と後半戦で心境が変わった」と仰られていたのですが、これは不思議と観る側も同じ気持ちなんですよ。本当に、前半戦と全く違う気持ちで見ています(これは自分だけかも)。なんつーのでしょーか。やはり、演る側の気持ちが伝わってくるのが一番デカいのでしょうけど、やっぱり野音を挟んだこともある想います。実際ミヤジ先生も、「ツアー中にレコーディングしたり、野音があったりひとつひとつ目標をクリアしていって心境の変化が…」と、MCでおっしゃられていたのですが…あの、野音のパフォーマンスを挟むとかなりの消費率というか、魂削り率というか、HPだけじゃなく、MPも消費して、 ラストエリクサー使っても回復しないのでは?と勝手に想っておりました(わかる人にはわかるw)。地方行って、引き出しあさって「やくそう」みつけても間に合わねいという…(ゴメン、ドラクエ)。

 

観てる自分もフルボッコ(一方的に打ちのめされるの意)された野音なので、殴るほうも痛かったのではと。

からの…以下、名古屋。

ですから、その…切り替えって大変だと想うのです。野音ではギターの弾き方から違いますからね…。 それぞれの場所で、期待されているパフォーマンスを使い分けるというのは、とても高度なメンタルの切り替えが必要というか。そして、其処に自分への嘘がないように演っていくとなるとね。やはり、セットリストが変わっていくのは必然だし、嘘がないからか変更後の曲は余計に沁みましたね…。もともと大好きな曲でしたが。

 

何はともあれ、言うまでもなく毎回記録更新されていて、当たり前にめちゃくちゃ素晴らしいコンサートだったのです!今回、前の方で観れたのですが、髪の毛短髪めちゃくちゃ似合うんですよ!30年前から時空超えてきたよもう、ミヤジ先生、まさにこれなの↓

ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ~1988/09/10 渋谷公会堂~』 [Blu-ray]

ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ~1988/09/10 渋谷公会堂~』 [Blu-ray]

 

( 写真ママのミヤジ先生が居ました!)

 

「やさしさ」で、清志郎さんが重なって見えた。

そして大分で…というか最近、やたらめったら、凄いのが 「やさしさ」

パフォーマンスとか動きとか、歌唱とか、あと湧き上がってる自信とか、愛とかが、清志郎さんと重なっちゃいました。ミヤジ先生はもともと"似てる"部分があるとは想いますが、清志郎さんとの大きな違いはこの、"湧き上がってる自信と愛"の部分かと想っとりまして…。Johnnyは残念なことに、清志郎さんを生で拝見したこと、はないのですが、それこそ泉谷先輩や、CHABOさんをミュージックマガジンで専属でライターされてた方(30年以上前デス)に色々お話し聴いてから、より大好きになって(笑)その方もエレファントカシマシはやっぱり"別格"とおっしゃっていて、とくに「悲しみの果て」で返り咲いた時は感動したらしいです。

 

Johnnyは70年代のロックに触れてるその方が羨ましくて、羨ましくて…(まだ生まれてなかったので)。それを話したら、「エレファントカシマシを現役で追えてることほど幸せなことないよ。」って言って下さりました。「だって好きだった海外のバンドはみんなもう引退してる」って…。うん、そうだよなぁと納得したというか…だから、好きな音楽に生で触れられる奇跡を、たくさんの人に知ってほしいなぁって想います。

 

で、超語りたいその清志郎さんが降臨した話。自分の勝手な感覚なんだけど、ミヤジ先生が3年前くらい?にRCの「スローバラード」をカバーされていたのを拝見したのですが、度肝抜かれたましたねー、こんなに悲しいスローバラード聴いたことねーよって(笑)清志郎さんが歌ってるのしか知らないもんで、聴いてビックリ!もう、悲しいのよ。切ないとかじゃなく、悲しい。吹き矢100本くらい心臓刺されて、ぶっ飛んで壁にドーンされて、意識失うくらい悲しいスローバラード。想わず、片っ端から音楽やってる人に「なんで?なんで?なんで、おじさんが歌うとこんなに悲しいんですか?」っ聴きまくった記憶がある(笑)というか、それを感じたのは自分だけかも知れねーけども。

 

清志郎さんが歌うと「あの娘」と手を繋いで、車ん中で寄り添ってるのが浮かぶのです。とにかく人肌を感じるんだけど…ミヤジ先生が歌うと、不思議と「あの娘」の居ない車の中が浮かぶ。ひとりのイメージなのね…。これ。本当、不思議なんだけど全然違う。だけど、どっちも素晴らしくて!!鷲掴み率は同じなんだけど、感じる感情が全然違うくて、ミヤジ先生が歌う「スローバラード」は清志郎さんが他界された悲しみ、みたいなモノも、もしかしたら乗っているのかなぁ…?いままで、ミヤジ先生が清志郎さんの死に言及されたことないですもんね…清志郎さんの特別号JAPANにもコメントなかった…それだけミヤジ先生にとって、とてつもなく大きな存在だったっていう事が解るわけですが…。

 

「やさしさ」 の話にもどりますが、その清志郎さんがミヤジ先生とダブって見えたのは、スローバラードをカバーされた時とは明らかに違う、"湧き上がる自信と愛"みたいなものが見えたのです。それは"妄想"と言われる「やさしさ」の世界でもしっかり表現されていて、ついに?と想いました(笑)これ、客観的にこんな風に考えながらコンサート観てるとか、マジヤバイ奴なんですけどね…(笑)

以前、野音のエレコラで書いたこれ↓

エレファントカシマシは、刀を振りかざすだけじゃなく、神武不殺の思想を身に付けたというか。鞘に刀を納めた状態で戦う術を取得したといっても良いかもしれません。本物の漢、侍の境地に辿り着きそうなのではと。(その姿、見届けたい)

エレファントカシマシ、たくさん新しい武器を30周年ツアーで獲得してらっしゃって、進化、変化していますね。「RESTART」と、「今を歌え」がもうすぐ発売です。もうねー、Twitterで感想呟いて拡散ってやつ、Johnnyがやるとクレームと摩擦が凄いからさ、やりたいんだけども…公式さんフォロワー1万もいるんだから、SNS活用して欲しいとか想う(笑)

でもまずは、ツアーの無事終了を願ってます。 

 

しばらくJohnnyさんのTwitterはお休み期間です。でも、エレコラは新曲PVが解禁になったらまた書きます。大分コンサートは焦点を限定して書かせていただきましたが、石くんも、成治さんも、トミさんも、ミッキーさんも、SUNNYさんも、本当に格好良かったです。ほんで、ミヤジ先生のアンコールから帰る笑顔が眩しすぎた(ズルい)。花男はデビュー当時の歌い方で(ややテンポ遅らせ日本語ハキハキ)、本当、髪短くて、‘88渋公観てるみたいだった。いつも、勇気を有難うエレファントカシマシ。

 

Destiny 

生きてるだけで精一杯の俺に

何をしろと言うの?

もう、生きてるだけでいいです!(笑)

できれば、唄つづけてほしいけどもw

 

  

P.S.

なんかさ、野音のレポートとか記事、各雑誌どこも載せないの何でなの?RESTART 今を歌えの初回盤に音源入ってるから規制がかかってんですかね?写真も少しだけだし。いま、若いファンの人が増えてるから、取り逃がさないで欲しいな…。他のバンドですが、こーゆーWEBと連携とか凄くいいと想うのです!(凄くお金かかるんだろうなぁ)→BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 | BUMP OF CHICKEN official website

 

あと、エレコラ 7時間くらいかけて書いてるから、感想もらえると励みになります(笑) 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171017163506j:image  

f:id:RAINBOW_Johnny:20171017200537j:image

今日は24時間働いたあとにリア友に拉致られてここに来た。本は買わないけど本屋や図書館は大好き。 

 

Johnny😁