エレコラ

鬼畜エレファントカシマシファンJohnnyによる音楽コラム。

第4回 おのれを愛せよ、そして自分を曲げるな

どーも、鬼畜エレファントカシマシファンのJohnnyです😁Follow @RAINBOW_miyaji

 

いつも、お騒がせしてます。昨日、栃木のエレファントカシマシ、最高のコンサートに参戦させていだました。

 

あと、この半年SNSをやっていて感じた答えというか、 想っていたこと(タイトルに書いてますが) を纏めようと想い、今日は第4回とさせて頂きます。

 

いま、会いに行けるロックバンド。

何故、何度もエレファントカシマシのコンサートに足を運ぶのか…それは、毎回素晴らしい発見や勉強があったり、良くも悪くも、毎回違うからです。これは、ある意味ひとつのショービジネスとしては大成功だと想います。こんなバンド他に見たことないもん(笑)実際、同じファンの方が何回も参戦されていますが、それって本当に凄い事だと想います。リピーターが多いというのは、絶対的に飽きさせない"何か"があるのです。

 

ディズニーランドで例えさせて頂くと、ディズニーランドはリピーターが多いのですが、それは今だに「未完成」だからです。拡張しつづけている。新しいスポットを作ったり、新しいキャラクターを取り入れたり、季節ごとに違うグッツ、高度なライブパフォーマンス、ショーを行う。また、広大な土地があり1日では廻れない、また行きたいと想う。愛されるキャラクターが居て、そのキャラクターを愛するキャラクターが居て……これってエレファントカシマシじゃね!?って昨日想ったんですよ(笑)

 

エレファントカシマシはリピーターが多く、いまだに「未完成」(楽曲の持つポテンシャルを引き出す伸びしろがまだまだある)で、拡張しつづけるバンドの新しい音の曲があったり、(RAINBOW、TEKUMAKUMAYAKON、なからん)、キャラクター(○○男、生命賛歌)を取り入れたり、季節ごとに違う曲(春/夏/秋/冬/全部ある)、世界的なパフォーマンスをするフロントマンがコンサートを行う。また広大な土地(幅広いソングライティングと楽曲の多さ、サポメンのアレンジで違う表情がみれる曲、プロデューサーの充実)があり、1日ではとても追いきれない(30年を)、愛される宮本浩次が居て、その宮本浩次を愛するバンドメンバーが居て……

 

ディズニーとかぶるぞ(笑)

 

いや、これは偶然でしょうけども…(関係者さんゴメンなさい) しかも、全国移動式のユートピア。今、会いに行けるアイドルならぬ、今、会いに行けるロックバンド(笑)

 

そして、特に今年は口コミで良さが伝わっているという事が大きいのだと想います。自分の中で口コミって信用のおける情報だと想うんです。TVで紹介されてたから行くというよりも、家族や友達に"良いらしいよ"と勧められて行く方が足が出ますし、何より口コミは「信頼されてる証」だと想うんです。信頼、信用出来ないものを人に勧めることは、まずしませんよね。自分が悪者になりたくないから(笑)

 

そして、ミヤジ先生が「頑張ろうぜ」って言えば頑張ろうって想えるし、「ドーンと行こうぜ」って言えば、行こうかなって想える。それは、音楽に対して30年、いやそれ以上の時間、誠実に向き合ってこられたから、説得力が増して、やっとベスト盤で日本国民に伝わったからなんだと。だから…

 

次の元号、"宮本"でいいんじゃね? 

 

って(笑)。こんなに日本を愛し、エビバデを愛し、音楽界に真剣に取り組まれた方は少ないのではないかと…(冗談はさておき)

 

こうして、"ここまで辿り着いた"のは、おのれの音楽を愛し、そして自分を曲げなかった宮本浩次とエレファントカシマシが居たからだと想うんです。もちろんスタッフさんが素晴らしいということは大前提ですが。昔の楽曲を聴いていても、今、デビュー曲を歌っても、同じ熱量で聴こえるのは、本当に今も同じ魂を持ってるからで、変わらないからなんだと想います。そして、それが30年経って、認知されて受け入れられている。未だ嘗てないこの現象の渦の中で、生きれている事自体が感謝なのですが、この先も大好きな音楽に触れられる命がある事が嬉しくて…

 

人間誰でも、何度も「死のうかな」って想うことあると想うんです。色々言われたり、炎上したり(笑)でも、自分は曲げたくないし、自分を愛しているから想っても死なないし(笑)生きててよかったなぁって、最近シミジミ想うんです。色々あるけれど、その中で感じれる幸せを噛み締めてます。その幸せを感じられるのは、エレファントカシマシと出逢ったお陰で、音楽から幸せを感じれるし、30年で奇跡を起こし、新しく生まれ変わるバンドがいるもんだから、夢見ちゃいますよね、やっぱ(笑)自分も何か出来るんじゃないかって。

 

51歳でRESTARTしようとしているバンドが居るのに、オレたちが頑張らないでどうするのでしょうか?他人に惑わされる事なく、己を生きる道を、模索するべきだと想います。そして、それを曲げないこと。自分は、エレファントカシマシキッカケにSNSという世界と向き合ってきて、感じたことが沢山あります。自分の想っている以上に広くて、深い闇でもありました。そんなこと知らずに過ごしたこの半年間。非常に勉強になりました。

 

自分の書いたブログがGoogleのトピックスに採用されたり(笑)これには本当にたまげたんですが、素人のブログを活用するなんて、どんだけネタ無いねんって突っ込みたくもなりましたが…(笑)色々、世も末だなぁと想った次第です。  

  

SNSとの関わり方。

SNSについて少し…あくまでも自分が好きでやっている事なんで、オレは周りの意見とか全く気にしない。強くなった。ミヤジ先生も石くんのiPadで 「見たくないものまで見てしまう」とおっしゃってましたが…SNSは付き合い方次第だと想います。基本、自分はブロックはしません。いまブロックしてる人いないし。ブロックはめちゃくちゃされてるけど(笑)だから、これが正しいんだと想う。見たくなければ見ない。見たくないものはブロックする。ガラケーのままでいる人が一番強いんじゃね?(笑)

 

しかし、現代は情報社会。どれだけ信用のおける情報や言葉を自分に取り入れるか。また、自分の意見の発信方法は非常に重要だし、どれだけ信用のおける情報をキャッチして、精査していくか…とても、大事だなぁと想いました。そして、発信しないことで護られることもある。SNSと適度に距離を置き依存しないこと。

 

自分はハナからSNSという場所を信じていないし、顔の見えない相手も信じてない。だから、他の方のTwitterの呟きも半分くらいしか頭に入れてません。でも、ひとつだけ信じていることは、自分が良いと想った自分の感覚は大切だし、自分自身を一番信じてる。

 

だから、全て良い方向に向かうと想ってやっているし、間違っていればちゃんとご指摘いただける世界だから(クソリプもたまにあるけどw)、だから、みんなも発言することを恐れないで、自分の感覚を信じて、自分を曲げないでほしいです。絵を描いている人は発信しつづけて欲しいし、唄を歌う人も、ギターを弾く人も辞めないで欲しい。そして、自分も良いものを世界中の人に知って欲しいって気持ちは変わらないと想う(日本のロックを世界に広げたい)し、曲げないと想う。それでいいんだと想う。

 

人それぞれやりたいことをやればいいと想うのです。いろいろ批判する人は、自分の貴重な時間を、命の時間を掛けて、他人の為に、他人の批判に時間を費やせば良いんじゃないでしょうか?それが幸せだからやってるんでしょうし、否定はしません。自分は自分の道を歩むだけです。ハイ。

 

自分の音楽を信じて、30年やってきた人達がいつもそれを教えてくれるから。

 

外野はほっとけ。

おのれを愛せよ、

そして自分を曲げるな。

   

表現者も批判者もおのれを曲げずに最後まで、愛せる自分でありますように。そして、自分の好きなバンドが、日本のロックが世界中に広まりますように。

 

とりまこれからもきっと、エレファントカシマシが大好きです(笑)

  

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171011192501j:image

二重橋近くのカフェより 。

Be yourself no matter what others say !!

 

Johnny😁

 

 

【関連記事】